新着情報

  • 2018.04.28
    アイチタルオ大王とともに、漬物グランプリ2018に参加しました。
  • 2016.11.09
    平成28年11月9日(水曜日)から11月14日(月曜日)までの六日間 名古屋栄三越 7階 催物会場にて『あいちの農林水産フェア』を開催します。青年会は11月9日あいちの漬物のPR即売会を行います。
  • 2016.08.18
    8月21日(日)愛知県あま市 萱津神社にて【香の物祭】が行われます。
  • 2016.07.01
    WEBサイトをリニューアルしました。

愛知県は野菜の産地としての土壌に恵まれ、古くより地場産業として、漬物の製造販売を手掛ける専門店が数多いことでも知られています。このような現状を受け、漬物を通じて産業の発展に貢献し、また技術的な面を共有しあうことで業界を底上げし、より高めてゆく事を目的として設立されたのが、愛知県漬物協会青年会です。

イベント


毎月21日は漬物の日

萱津神社では、、毎年8月21日を「香の物祭」として祝っています。また、漬物業界では、毎月21日を「漬物の日」定め、漬物の普及につとめています。

萱津神社の香の物祭

萱津神社の香の物祭にて愛知県漬物協会青年会が漬物石モニュメントとカメの奉納をしました。

ギネスに挑戦

守口大根は、世界一長い大根と言われてきましたが、実は世界一を証明できる公式な記録はありませんでした。そこで、(公社)愛知県漬物協会は、守口大根が世界一長い大根に挑戦するイベント「守口大根ギネスワールドレコ-ズ(TM)町おこしニッポンin扶桑町」を企画しました。

あいちの野菜について


愛知県は、「漬物王国あいち」と呼ばれるほど漬物産業が発達していることをご存じでしたか。県内の豊富な野菜産地を背景として、江戸時代の末期から漬物業が発展し、一時期は全国一の出荷額を誇っていました。現在でも、出荷額は全国第5位と全国でもトップクラスの位置にあり、消費者ニーズに応えた「安全」で「美味しい」漬物づくりを進めています。

守口大根

世界一、長い大根です。直径2cmと細身ながら、長さは1.2m。さらに世界記録は1.91mにもなります。繊維分が多いため煮物などには向きませんが、じっくり漬け込む漬物にはぴったりです。愛知県の伝統野菜の一つで、全国生産の約70%を愛知県で産出しています。

かりもり

緑色、円筒形のウリの一種です。実がしっかりしており主に漬物に使われます。

茄子

なすはインド原産で、日本では江戸時代から栽培されているといわれています。全国で生産されていますが、愛知県では全国7位、1万4千トンのなすが生産されています。

大根

大根は、万葉集、古事記にも登場する、歴史の古い野菜で、春の七草の「すずしろ」は大根のことです。消化を助ける成分を多く含んでいます。

白菜

ビタミンC、鉄分、カルシウム、カリウムが豊富に含まれているほか、健胃や便秘解消にも効果があると言われています。愛知県は全国9位の生産量があります。

山ごぼう

切り口が菊花模様をしていることから別名菊ごぼうと云われ、古くから山菜として賞味されています。

青年会会員ご紹介


お問い合わせ

             

TOPに戻る